家事

家事、手抜きになっていませんか?

仕事をしながら家事を完璧にこなすというのはとても大変なこと。
どちらもしっかりとこなさなければなりませんが、それもなかなか難しいですよね。

仕事と家事のどちらを手抜きするかというと、仕事を手抜きするわけにはいかないので、どうしても家事が手抜きになってしまうという方が多いかと思います。
家事というと、掃除、洗濯、炊事が主になりますが、子育てをしていく上でこれらは子どもにとってとても重要なことなので、できれば少しでもきちんとしておきたいところです。

環境の大切さ

掃除がおろそかになってしまうと衛生面が心配です。
ゴミ出しを忘れてゴミが室内に溜まってします、浴室に生えたカビをなかなか掃除できないなど、最初はちょっとしたことなのですが、蓄積されていくうちに子どもの体に悪影響を及ぼしかねません。

また、汚れも少しのうちに掃除してしまえば簡単にきれいになるところが、時間が足りなくて掃除を怠っているうちにどんどん汚れが沈着してしまい、いざ掃除するときになったらかなり時間をかけないと汚れが落ちない、なんてことも。

また、炊事は子どもたちの日々の食事をつくる重要なものになります。
食事が手抜きになってしまうと栄養バランスが悪くなり、子ども発育に影響してきてしまうので、こちらもできるだけきちんとした食事を与えることができるようにしたいですよね。

洗濯は洗濯機がやってくれるので、あまり苦労することはないかもしれません。
できるだけ天日で干したほうが子どもの体にはよいですが、どうしても時間がないというときは洗濯乾燥機を使えば、機械が洗濯から乾燥まですべて行ってくれるのでとても楽ちん。

天気が悪くてつい洗濯物を溜めてしまう、ということが多いご家庭は、洗濯機の買い替えを検討してみるのもよいかもしれません。
部屋干しの嫌な臭いがついてしまうこともないので、洗濯乾燥機はワーキングマザーにとって強い見方になってくれるはず。
お子さんのいるご家庭では、できるだけ毎日洗濯をするように心がけたいですね。

これらの家事は、気合を入れてやろうと思うとすごくストレスになってしまいますが、ちょっとしたコツでかなりの効率化が図れます。
食事の作りおきなどもそのひとつ。
掃除においても、汚れが気になったときにさっと拭いておくだけで、掃除のときにとっても楽になりますので、毎日のちょっとした心がけを継続して、長い目で見た時に家事を簡単にできるように意識してみるとよいでしょう。

早起きして自分の時間を作る

子供と家事を楽しむ(作成中)

パパとの作業分担(作成中)

時短術を身につけよう(作成中)