親子で語学留学するなら何歳ぐらいからが効果的か

親子留学とは

親子留学とはその名の通り、親子で海外の学校に留学することを言います。
母娘留学は最短1週間から行くことができ、親・子ともに高い語学力を求められるものではないので、比較的気軽に参加できる留学プログラムです。
親子留学は親と子、主体がどちらかで留学内容も変わってきます。
親御さんのやりたいことを優先する「親中心型」と、お子さんのやりたいこと・興味関心を優先する「子ども中心型」に大きく分かれます。
親子留学が流行り出した背景には日本国内の英語必修化の流れがあると言われています。
小さい頃から、生の英語を体験できる環境に慣れさせておくことで、英語学習の導入をスムーズにする狙いがあるのでしょう。

親子留学に適している子どもの年齢について

親子留学に適しているお子さんの年齢は、語学学習が始めやすくなる2歳から10歳と言われています。
10歳より上の子は、親子留学ではなく単身で留学することが増えてくるため、10歳までが一般的です。
親子留学に行く時期ですが、ほとんどの場合夏休みや年末年始などに集中しています。
留学といっても、日本の学校を長期間休まなくても大丈夫なんですね。
親子留学に行く目的は様々ですが、お子さんの長期間の留学が控えているときや家族で海外移住を控えている場合などが多いようです。
留学先の現地の生活を体感できるので、親御さんも安心してお子さんを留学させられます。
日本語をしっかり定着させてから行くのであれば、8歳からがベスト。
算数の習熟度を完璧にしてからであれば、10歳からでもOKです。
何を学ばせたいのかもしっかり考えて、親子留学に行く時期を決めましょう。

注意点

親子留学に適した時期は10歳までですが、中学生、高校生の時期でも得られるものはあります。
その場合、受験期間や帰国子女試験の条件など、留学の時期や期間などには気を付けましょう。
親子留学で長期滞在する場合には、同時期にある日本国内の試験やイベントと被っていないか確認し、必要な条件を満たせるよう調整しましょう。
また、親子留学は親がついているから絶対安全という訳ではありません。
親御さんも旅行気分ではなく、一緒に海外留学に行くのだという自覚を持って臨みましょう。
ただし、過保護すぎるのも自由な学びを邪魔してしまうのでほどほどに。
お子さんがのびのびと多くのことを学べるよう、親が出て行くバランスを常に意識することが大切です。