免許を取るなら合宿免許が便利

合宿免許と通学免許の違いとは

赤い乗用車運転免許を取得するには、自動車教習所に通って教習を受けなければなりません。教習を受ける方法として挙げられるのが合宿免許と通学免許です。
合宿免許は、教習所が用意する宿泊施設に泊まりながら講習を受けるものです。
通学免許は、自宅から教習所に通うものです。一般的には通学での免許取得が多いとされています。

合宿免許とは

合宿免許とは、一定の期間泊まり込みで教習を受けることです。食事や宿泊施設、教習スケジュールも準備されています。
合宿免許は短期で自動車運転免許を取得することが可能です。入学から教習スケジュールが決まっているので効率良く受けることができる他、短い時間で反復できるので期間を空けた場合に比べて早く身につきます。
普通車ATは最短で14日間、普通車MTは16日間で卒業できます。夏休みや冬休みなどの長期連休に免許取得できると人気です。

合宿免許を利用するメリット

通学免許と比較した、合宿免許ならではのメリットを3つご紹介します。

短時間で卒業可能!

合宿免許は効率的なスケジュールにより短期で卒業できるという点が大きな魅力です。通って、自分でスケジュールを組もうと思うと、技能の乗車予約は土日や連休の期間に集中するため、予約がとれずに思いのほか卒業までに時間が掛かるということもあります。
合宿免許では一人ひとり専用のスケジュールで、ATだと最短14日で卒業可能な教習所もあります。短期間集中して講習を受けることができるので、前回の教習内容を覚えているうちに反復でき運転スキルの上達させることが可能という点も嬉しいポイントです。

リーズナブルな料金

合宿プランは教習費以外にも、宿泊費と食事代(1泊3食)、往復の交通費が込みの料金となっています。セット料金になっていて、金額が明確なので安心して通うことができます。
なかには、検定で落ちた時に必要となる再検定料や、補習費用もプランに含まれているものもあります。
通学の教習所と変わらない料金、もしくは安い教習所もあります。
自動車免許の合宿なら「らくらく合宿免許」へGO!
オフシーズン限定の料金プランや、早割プランなどの設定もあるので、あえて混雑しないシーズンを狙っていくのもいいでしょう。

合宿免許でプチ旅行を味わえる

合宿免許は全国各地で実施されていて、違う土地を選ぶ人も多いです。合宿免許先で人気を集めるのがリゾート地としても人気の北海道や九州エリアです。教習を受けながら、観光地に出かけることもできます。中には、合宿生だけのお得な観光体験プランを用意している教習所もあります。
せっかくなら普段あまり足を運べない場所に合宿免許に行って、リフレッシュしながら教習を受けてみてはいかがでしょうか。